為になる物、ならない物で賢くなるブログ


by nazekatanakahan

淡路島観光案内

淡路島は昔から「四国への道」というイメージをなくそうとして観光客の注意を引こうとしていました。例えば大橋ができる前は道のど真ん中で「TVに出てまっせ」と淡路島モンキーセンターの勧誘のおばはんが現れて交通の邪魔をしたり、淡路ファームパークで淡路島産の牛製品を展示したりしていました。ワールドカップの時から津名町にもうええやろというくらいイギリスの旗が出まくっている。「イングランド」という喫茶店もあるし、淡路ファームパークは「イングランドの丘」に名前を変えました。
その淡路島のカッコ付けたがりのところ良さを紹介します。

リンクをクリックしながら読んでください。

其の一「しづかホール」
ホール建設のコンセプト:
しづかホールの外観のデザインは津名町に縁のある「静御前」が、舞を舞うときの「扇」をイメージしています。屋根材にはチタンを用いていますがこれは、ユニークな構造と銀色に輝く美的感覚を強調する一方、塩害などから半永久的に建物を保護するよう目的があります。

本当にユニークですね。

其の弐「彫刻の道」
東浦バスターミナル横の彫刻の道には淡路島生まれの有名な彫刻家の作品が並んでいます。

其の参「イングランドの丘」
1)イギリスを抽象する妖精ピックニックガキがいます!

2)以外と知られていない「英国コアラ」も見れます!

3)古典的な踊りイングランドおけさを踊りませんか?

4)「羊追い込みショー」も一日に3回あります!羊はストレスで禿げてウールが取れませんが、筋肉モリモリでおいしいです!

5)ソーセージづくり体験もあります!「ウルルン滞在記」で竹内結子はソーセージ作りで泣きましたが、大丈夫です。可愛そうな豚のことを忘れて、さあ、作りましょう!

6)おとぎの島の想い出のお土産には玉ねぎのぬいぐるみがいいですよ〜。玉ねぎキティーもあります!お父さんには玉ねぎ焼酎も忘れなく!

注意:「イングランドの丘」へご来店の皆さんへ。「イングランドの丘」のパン工房には現在「イギリスパン」がありません。代わりに 九州 イギリスを代表する 夏限定のさつまいもパンを楽しんでください。

皆さん、淡路島へ行きましょう!
[PR]
by nazekatanakahan | 2005-05-24 15:54 | 田中はんのほざき