為になる物、ならない物で賢くなるブログ


by nazekatanakahan

何を作っとんねん?

子供の頃宇宙の写真がきれいで天文学者になりたかった。好きな大学に入れなくてその願望がなくなったけど、未だに宇宙の写真が好きで毎日NASAが提供している日替わり天文学写真を見ている。

今日のは特別きれいな写真というわけじゃないけど、いつも写真の下に出る説明が面白かった。大気が邪魔しているせいで地球から宇宙の諸々なものを観察するのは難しい。(だから90年代から人工衛星を利用している。)星がキラキラするのも大気のせい。大気内の気体がずっと動いていて、一定の明るさで見れない。そこで天文学者がでっち上げたのはなんと、強力レーザー線で星を作って観察している。その「人口星」を観察しているものの横に作れば明るさの調整がうまくできて正確に調査できるらしい。

…ということは我々が見ている星空の中で偽モンもあるのか?

それにしても学者は侮れないな。

今日も一日賢くなりました。
[PR]
by nazekatanakahan | 2005-02-09 01:29 | 田中はんのほざき